HMD接続システム「VR内装体験システム V2.0」は、対象となるソフトウエア・プロダクツに含まれており、ライセンスキーを入力する事で機能が有効になります。

※初期段階のパッケージには、まだ機能が含まれていない場合がございます。
  ライセンスキーを入力する前に、各ソフトウエア・プロダクツのオンラインアップデートを行ってください。
  
(1)対象ソフトウエア・プロダクツを起動し、3D画面の「ヘルプ」→「バージョン情報」を選択してください。
     

(2)「オプション製品の登録」を選択してください。
     

(3)HMD接続システム「VR内装体験システム Ver.2」のライセンスキーを入力してください。
     

※事前にソフトウエア使用許諾条項をお読みください。

※このダイアログの前に、ユーザアカウント制御の画面が表示される場合があります。
意図したものであれば、「はい」を押して変更を許可してください。
     

(4)入力したライセンスキーのオンライン認証を行います。
※インターネットに接続した環境が必要です。
     

(5)ライセンス認証が完了すると、「ご利用中のオプション製品」に「HMD接続システム」が追加されます。
     

※認証できない場合、ライセンスキーを再度ご確認願います。またインターネットに接続されているか、プロキシなどの設定についてもご確認願います。

また、3D画面の「表示」メニューには「HMD 表示」「パース図をHMD 表示にする」メニューが、「ヘルプ」メニューには「VR 内装体験システム(HMD接続システム)マニュアル」が追加されます。
     

※ここで一旦対象ソフトウエア・プロダクツを終了し、HMDのドライバーソフトをインストール後に再度起動してください。
(ライセンスキーを登録した時点で「HMD表示」「パース図をHMD表示にする」等が有効になりますが、再起動しないとHMDに表示されません。)

HMD の設定は、各HMD の取扱い説明書等をご覧ください。
HDMI ケーブル、USB ケーブル、電源等の接続の他、専用のドライバーソフトのインストールが必要な場合がございます。

■設定の例)Oculus Rift CV1の場合(DK2も同様です)
  1. Oculus VR 社のデベロッパーサイト(https://developer.oculus.com/downloads/)から、最新のランタイム「Oculus Runtime for Windows V1.9.0」(「Note: Latest Oculus Rift PC runtime is available here」にあります)を取得し、PCにインストールしてください。 (V1.10.0以降のバージョンでは動作しない可能性があります。)


  2. 「Oculus Home」を起動し、デバイスの接続状態を確認してください。
    ドライバが正常にインストールされ、各デバイスが正常に認識されている場合は、各デバイスのステータスは緑色で「Connected」もしくは「On」と表示されます。


    ※警告もしくは情報がある場合は、赤色のステータスで表示されます。




    ※「推奨スペックを充たしていない」という表示が出ていても、動作します。

    デバイスの詳細表示



  3. 未知のアプリケーションを許可してください。
    「Oculus Home」の「General」を開き、「Unknown Sources」をON(下図の状態)にしてください。



■設定の例)HTC Viveの場合
  1. HTC社のサイト(https://www.vive.com/jp/setup/)から最新の「Vive Setup バージョン1.8」(2016年11月現在)を取得し、PCにインストールしてください。

  2. Vive Setupを実行し、画面の指示に従ってViveソフトウエア、Steamソフトウエアをインストール、ベースステーション/コントローラ/リンクボックスをPCに接続してください。

  3. SteamVRを起動し、プレイエリアの設定を行ってください。
    すべてのデバイスが認識され、以下の様に「利用可能」と表示されたら準備完了です。



■設定に関する注意)Oculus RiftとHTC Viveの両方を使用する場合
Oculus RuntimeとSteamVRの両方をインストールした場合、OculusはSteamVR(OpenVR)経由でも動作するために注意が必要です。
  1. HTC Viveが接続されている状態からOculus Riftに接続を変更する場合、HTC Viveのリンクボックスを取り外し、Oculus Rift本体、センサーを接続してください。

    ※Oculusドライバを使用する場合でも、SteamVRはOculus Riftを認識しています。
     SteamVRが以下の様なステータスを表示しますが、問題ありません。
     各デバイスが認識され、センサーにHMDが捕捉されると、以下の様に「利用可能」と表示されます。(デバイスの状態を確認するのに便利です)

    認識されるまで、時間がかかる場合があります。また、センサーがHMDを捕捉できない位置にあると、HMDのアイコンが点滅し「利用可能」になりません。
      数分待っても「利用不可」の場合、PCを再起動してください。

  2. 3Dマイホームデザイナーを起動し、「表示」メニューの「HMD表示」を選択して、「HMD基準位置設定」を行ってください。
    この操作をしないと、直前に使用していたViveの接続情報をもとにSteamVR経由で描画します。HMD基準位置設定を行う事で、HMDの接続情報をクリアし、改めてHMDを認識します。(SteamVR経由ではなく、Oculusドライバを直接使用するようになります。)

    ※Oculus Riftの表示が激しくブレたり、画面が真っ黒の場合は、再度「HMD基準位置設定」を行ってください。それでも正しく表示されない場合は、一旦、3Dマイホームデザイナーを終了し、再度起動した上で「HMD基準位置設定」を行ってください。

    ※Oculus Riftが接続されている状態からHTC Viveに接続を変更する場合、Oculus Rift本体、センサーを取り外し、HTC Viveのリンクボックスを接続してください。
      各デバイスが認識され、SteamVRのステータス画面に「利用可能」が表示された後、3Dマイホームデザイナーを起動し、「表示」メニューの「HMD表示」を選択して、「HMD基準位置設定」を行ってください。